記事検索
 
新着記事
カテゴリ

g-haibi1.gif沖縄のことをもっと知りたい方はコチラg-haibi2.gif

2007年11月21日

衝動買い

本.jpg

わたしは大型書店に行くと、本を何冊が直感で選んでばばば〜っと買ってしまうことがある。

たいていジュンク堂に行くけど、今日は丸善。
ひさびさの書店ぶらりだった。
普段はたいていamazonで買うが、本屋は大好き。


そのうちの1冊


最近日本語が乱れている、美しい日本語を話しましょうといわれるが、すべてひっくるめて愛すべき日本語と思えた。

時と場合によって、相手を思いやり大人として美しい日本語を使いたいと思う。
同時に、時代とともに変わる言葉としての日本語もなんだか愛しい。

増殖する「カモ」星人(おいしいかも、楽しいかも)、
すごく便利な「びみょー」と「ふつー」とか・・・
ああ、たしかにと思ったり、そう?と思ったり、読み返す類の本ではないが笑えた。
posted by おさしみ奈美恵 at 00:01| 沖縄 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月23日

好きなまちで仕事を創る



仕事・・・お金をもらうために働く。
それもひとつだろうが、一度きりの人生、それだけじゃさみしすぎる。

自分だからできること、すなわち好きなことを仕事に出来たらなんて幸せだろう。

それが周りの人の笑顔を生み、社会貢献にもなる。

アイデアと勇気をもてば、ソーシャルアントレプレナーとしてデビューできる。

そのヒントとやる気を与えられる、カラー写真の多い事例集。
posted by おさしみ奈美恵 at 13:43| 沖縄 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月25日

不都合な真実を観る



NPOのお仕事で、不都合な真実の映画を観る機会に恵まれた。
ゴア元副大統領の講義形式で進むのだが、意外とあっさりしている。
あっさりしているというのはテーマの重さに比べてわかりやすいということ。そして衝撃も残る。

環境問題って一見わかりにくい。
わかりにくいことをわかりやすく伝えるのは、
伝える人が本当にわかっていないとできないから、この映画は意味があると思った。


映画の内容がすべて含まれている本も出ている。
私は本を先に読んだが、本は写真集のようで何度でも繰り返し見ることができるし、持っていることで環境のことを忘れがちになることに多少なりとも歯止めをかけそう。

この40年の間に、世界で6番目に大きなアフリカのチャド湖が姿を消したとか、、、あらゆる事実が写真で載っている。

でもこの本はそれだけじゃないのがいい。

温暖化をとめるために具体的に私たちがどう発想し、
どう行動したらよいのか、またできることは何なのかまで述べられている。


そして、環境と経済を天秤にかける発想が全く間違っていること、そこから脱却することの重要性もわかりやすく載っている。

私もこの視点ってすごく大事だと思う。

環境保全も、軍縮も、いつも経済との天秤にかけた発想に拒まれがち。
これなんでもつながっている気がする。
環境を守ると経済が活性化しないとか、そう思う層は多いと思う。軍縮も、原発も、ハコモノ誘致もなんじゃないかなあ。

逆に環境を守ってお金は稼がないっていうのも、現実的ではないと思う。

環境を守ること、軍縮をすることが、経済も良くすることにつながること、その視点が重視されるとよいんじゃないかな。
ただそう思っていない人達にそう思ってもらうよう証明することって、なかなか難しいとも思う。

以前みた平和学の本に、「軍縮の経済学」っていう寄稿が載っていて、そのタイトルにすごく魅かれた。

不都合な真実を観て思うのは、結局は個人の行動からの波及が大切だから、できることはたくさんあり、同時にだからこそ解決できるということ。


と、一般ピープルの私はぼや〜っとでも確実に思うのでした。


映画でも本でも、ぜひ、観てください。
posted by おさしみ奈美恵 at 13:16| 沖縄 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月03日

ひさびさの夜中の読書

不都合な真実.jpg

1ヶ月以上前に買った本なのにずっと読んでいなかった。
今から読みふける。
途中で寝るとは思うけど。

なんかさ〜、たぶん絶対(言葉の使い方おかしい)、危ないよね地球。すぐに目に見えないものだから痛みに気づきにくいけど、
透視する心と行動力を軽やかに備えたい。
posted by おさしみ奈美恵 at 01:49| 沖縄 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月17日

人脈の教科書



ハウツー本はちょっと苦手。
小説やエッセイやコラムからひとつの真理を導き出すほうが、自分にとっては説得力がある。
1+1=2ですと言われるよりも、1+1=3も4も5もありその中に共通に流れるものを知りたい。

この本はハウツー本ではなく、気づきの本。
伊勢丹のカリスマバイヤーから福助の社長になり、今は福助のアドバイザーもしながらセブン&アイ生活デザイン研究所社長の藤巻幸夫さんの著書。

人間の欲求は5段階あり、順番に、
生理的欲求→安全を求める欲求→愛情欲求→自尊欲求→自己実現欲求へ昇華していくそうだ。

人の輪はこの最大の欲求である自己実現欲求へ集まっていくもの。

オープンであることだなあ、人の縁を大事にすることだなあ、来た波には意味があるなあ、結局常に勉強だなあとか、そんなことを再確認できた。
posted by おさしみ奈美恵 at 02:07| 沖縄 ☔| Comment(8) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月28日

沢木耕太郎「無名」




深夜特急でおなじみ沢木耕太郎の自分の父親との関係を描いたノンフィクション。

タイトルに魅かれて買ってしまった直感onlyの本。

帯には、息子はどのように父を見送るのか?とあった。

帯を読む前に手に取ったため、帯を読んでから暗い話なのかな?とも思ったが、一度出した手を引っ込めるのはあまり好まないので、
直感を信じてそのまま購入。

意外とすらすら読める内容だった。



続きを読む
posted by おさしみ奈美恵 at 00:00| 沖縄 ☔| Comment(0) | TrackBack(1) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月27日

高倉はるか「いぬのきもち」



最近読んだ本。
獣医師さんの書いたいぬのきもち。

これ、犬を飼っている方はぜひ読んでほしい。
犬がすきでもなかなか犬の目線で考えることってないと思う。

高倉さんいわく、
犬の行動は、もともとの性格が少しあるにしても、ほとんどは飼い主の行動で決まるということだ。

たとえば、
ソファにあなたが座っていて、ラブラドールがあなたのひざに前足をのせてきたとする。

これをあなたはどうとる?


続きを読む
posted by おさしみ奈美恵 at 16:02| 沖縄 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月25日

よしもとばなな「なんくるなく、ない」



最近読んだ私のソウルメイト、よしもとばななの沖縄(ちょっと奄美)紀行。

1999年夏のはじめての沖縄から、2005年夏の沖縄来訪を短編7章でつづる。

ばななは、2000年夏に波照間島(日本最南端の島、南十字星が見える)を訪れており、みのる荘に宿泊している。

私は初めての沖縄旅行が1998年夏で、石垣島、竹富島、波照間、沖縄本島をまわり、波照間ではばななと同じく、みのる荘に泊まった。

波照間島は信号もないし、コンビニもないし、ただただ美しい。


続きを読む
posted by おさしみ奈美恵 at 15:05| 沖縄 ☔| Comment(4) | TrackBack(1) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月09日

沖縄食堂

posted by おさしみ奈美恵 at 02:59| 沖縄 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月13日

フェアトレードに興味あり

フェアトレードという、前から言葉だけなんとなく知っているが、
よくわからないものがある。

いま、フェアトレードを知りたいと思い、ちょっと本を読んでいる。
探すと意外と書籍は少ない。
フェアトレードってなんだっけ?

フェアトレードとは、日本語で「公正貿易」といい、貧困のない公正な社会をつくるための、対話と透明性、互いの敬意に基づいた貿易のパートナーシップのことを言う。

たとえば、私たちが飲んでいるコーヒー。
南米やアフリカなど開発途上国が生産地であるコーヒーが、
私たちの口に入るまでの間、
おおまかに、生産者→加工選別業者→輸出業者→小売業者を介する。

続きを読む
posted by おさしみ奈美恵 at 14:53| 沖縄 ☔| Comment(5) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。