記事検索
 
新着記事
カテゴリ

g-haibi1.gif沖縄のことをもっと知りたい方はコチラg-haibi2.gif

2007年06月29日

アサヒ プライムタイム

PRIME TIME.jpg

アサヒのプレミアムビールを飲んでみた。

西鉄ストアで、350mlが228円。

味は、おいしいんだけど、プレミアムビール〜という感じはそこまでしなかった。

キリンの無濾過シリーズをしってしまった後だからかしら?

だれか、無濾過お中元でくれないかなあ〜。
めっちゃくちゃ喜んじゃうよ。
posted by おさしみ奈美恵 at 01:40| 沖縄 ☀| Comment(3) | TrackBack(1) | お酒 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月28日

とある日の一杯

まろやか酵母.JPG

いまさっき地震があったと思うんだけど。
うたたねしてたけど揺れで起きた。
地震、福岡も一度来ただけにこわい。

先週のとある日、キリンの無濾過シリーズ、まろやか酵母を飲んだ。
ほんとまろやか。
私としては、一番絞りの無濾過くらいのパンチはほしい。
無濾過シリーズほんと素敵です。


ある夕日.JPG
今日駅を降りたときの夕日。
私は1日の時間の中でとくに夕方が好きというわけではないけれど、風景の中では夕日が最も好き。

自然に足を止めてしまう。
周りの雑踏と裏腹に、夕日の淡いオレンジに遠くのどこかを思ってしまう。

咳はまだ出るけど、前回記事を書いたときよりはだいぶましになってきた。
みなさん、応援メッセージありがとう!
posted by おさしみ奈美恵 at 00:21| 沖縄 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | お酒 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月28日

ゴールデンホップでおつかれ!

今日の一杯。
ゴールデンホップ.jpg

また贅沢なビールにしちゃった。
続きを読む
posted by おさしみ奈美恵 at 00:28| 沖縄 ☁| Comment(3) | TrackBack(0) | お酒 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月24日

中くらいの苦み

ZMOEU6sh0001_I.jpgこないだの一杯。しのいちさんに教えてもらった3月20日に新発売された麒麟のビール、THE GOLD。隠し苦みらしい。確かに中くらいの苦み。麒麟ビールの味が好きだけどちょっと苦すぎるという麒麟ずきにいいのでは?
詳しくはこちら→
http://www.kirin.co.jp/brands/kirinthegold/index.html
posted by おさしみ奈美恵 at 13:48| 沖縄 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | お酒 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月23日

今日も一杯

OUAESOsh0000_I.jpg正確にいうと、一昨日の一杯。
エビス黒
い〜しごとしてます。
posted by おさしみ奈美恵 at 14:23| 沖縄 ☁| Comment(3) | TrackBack(0) | お酒 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月20日

熟してる

今日の一杯。
円熟.JPG

焼酎も泡盛もワインだって好きだけど、
ビールが最もすきです。

ビール、発泡酒、第3のビール。

はっきり言って、第3のビールは好きじゃないです。
なぜなら、風味豊かな麦じゃないから。
作られた味がして何だか心躍りません。

第3のビールは、ビール、発泡酒とは別の原料、製法で作られた、ビール風味の発泡アルコール飲料の俗称。
最大の特徴は、酒税法上「ビール」または「発泡酒」に属さない扱いにするために、原料を麦芽以外にする、または発泡酒に別のアルコール飲料(麦由来のスピリッツ)を混ぜるという手法をとっているという点である。

ウィキペディアより

とは言っても、第3のビールの原料もいろいろあるみたいですね。
私は、サッポロのドラフトワン(エンドウたんぱくが原料)、麒麟ののどごし<生>(大豆たんぱくが原料)、オリオンビールのサザンスター(発泡酒に大麦スピリッツを加えたもの)くらいしか飲んだことない気がしますが味は普通だったような。

これに対し、発泡酒は飲む機会が多いです。
続きを読む
posted by おさしみ奈美恵 at 02:26| 沖縄 ☁| Comment(3) | TrackBack(1) | お酒 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月17日

やはり麦

ZEXZD7sh0000_I.jpgきのう、自分へいたわりと、ビールを買ってかえった。なんと驚き10日ぶりの飲酒。選んだのは麒麟無ろ過、西鉄ストアで330mlの瓶247円。とてもおいしかった!麦よ、麦!麦酒!
posted by おさしみ奈美恵 at 13:06| 沖縄 ☔| Comment(3) | TrackBack(0) | お酒 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月19日

大正より激動の明治

大正.jpg

復刻ラガーの大正を飲んだ。
おいしい。割とすっきり。
どちらかといえば、明治の方が濃くて好き。
激動の明治維新の味がするの。
posted by おさしみ奈美恵 at 00:31| 沖縄 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | お酒 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月12日

や〜ん、古きよきビール

4HX25Ksh0012_I.jpg
ルー大柴なみに変な英語を乱用するお友達のTさんが、復刻ラガーってラベルだけが違うと思ったら大間違いって言ってて、帰りにセブンで即行<明治>買った。

これおいしい!!

このレトロな風味、濃くて味わい深い。

明日は<大正>を買おっと。

posted by おさしみ奈美恵 at 02:02| 沖縄 ☔| Comment(6) | TrackBack(0) | お酒 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月06日

ビールがいいな

P0K8U1sh0021_I.jpg家では呑む人がいないのであまり呑まないが、先日けっこう動いた日に、ビールじゃなくて発泡酒の次にでたこういうのなんていうの?その他のお酒?第三のビール?を買って帰った。
ほんとはプレミアムモルツくらい飲みたい感じだったんだけど、続きを読む
posted by おさしみ奈美恵 at 10:15| 沖縄 ☔| Comment(3) | TrackBack(0) | お酒 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月20日

泡盛 太平25度 5年古酒





泡盛情報が欲しいとのコメントを頂いたので・・・
最近飲んだ泡盛情報。
津波古酒造の太平25度5年古酒。
25度ということでストレートかロックがおすすめといわれ、
じゃあロックで・・・
(25度とはいってもロックはそれなりにまわりました。。。)

味は・・・・
これもまた飲みやすい部類の泡盛、さほどくせはなく、
それでいて古酒の味わいはちゃんとある。
古酒初心者には入りやすいと思う。

津波古酒造って歴史古いんですね〜
泡盛大全で勉強した。

明治31年創業の歴史をもつ津波古酒造場は那覇垣花で泡盛造りを始めましたが、
戦後、那覇市与儀に工場 を移し、現在に至ります。
津波古酒造の主力泡盛「太平」は、戦争のない平和な世界を願う気持ちからつけられたものでラベル 「太平」の文字を囲む二重丸は、それぞれ地球と太陽 を表し、宇宙的な平和も表しています。

先般の仁風(じんぷう)同様、口当たりのいい古酒だ。
太平25度5年古酒は、1300〜1500円位ですかね。
http://search.auctions.yahoo.co.jp/jp/search/auc?p=%C2%C0%CA%BF%A1%A1%CB%A2%C0%B9&auccat=0&alocale=0jp&acc=jp


さあ、明日は東京国際女子マラソン。
高橋が肉離れだけど出るということで見なくちゃ。
プレッシャーの中で肉離れの中で自分に挑戦するってどきどき。


5年古酒100%泡盛。風味豊かな甕仕込みです。→
琉球泡盛 玉友 かめ仕込み(25度) 720ml【大黒屋中森酒店】




泡盛初中級、飲みやすさ重視ならこれ。甕に貯蔵された独特の香りがします。→
琉球泡盛 うりずん 25°720ml【大黒屋中森酒店】




有名な菊の露ですが、やっぱり古酒は違います。ワンランク上の味を試したいならこちら→
沖縄泡盛 菊之露  VIP 5年古酒  720ml【大黒屋中森酒店】




泡盛上級者、コクのある泡盛を飲んでみたい方はコチラ→
琉球泡盛 古酒 黒真珠 720ml 43°【大黒屋中森酒店】




あきないですね、まさひろ。沖縄でも万人に愛される泡盛です。→
泡盛 まさひろ 720ml【大黒屋中森酒店】




まさに10年熟成の味。こんなもの飲めて幸せだ〜と思いました。→
泡盛 千年の響(長期熟成古酒) 43度・720ml【大黒屋中森酒店】




沖縄の若者はよく飲んでます。泡盛初心者おすすめ。→
米焼酎 残波 720ml【大黒屋中森酒店】
posted by おさしみ奈美恵 at 00:28| 沖縄 ☁| Comment(20) | TrackBack(4) | お酒 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月11日

忠考酒造「仁風」30度

仁風(じんぷう).JPG

最近飲んだ泡盛で、忠考酒造の仁風という泡盛があります。

内地では、わしたショップとかにいけばあったのかもしれませんが、
みかけませんでした。

沖縄では普通に売っています。
それが、そんなに高くないのですが、淡く甘くなめらかな舌触りでおいしかったです。

忠考酒造は、沖縄本島南部の豊見城にある酒造所で、
甕(かめ)を独自で造っているところだそうです。

というのも、泡盛はワインのように、寝かせば寝かせるほど味わい深くなるお酒です。
泡盛を3年以上寝かせたものを古酒(クース)といいますが、
古酒にするために大事なのが寝かせる甕ということらしいのです。

なんでも忠考南蛮荒焼という、地元の泥灰岩土壌を使って、独自の甕を完成させたとのこと。
この甕の土に含まれる鉄とか、カルシウムとか、マンガンとかが、
寝かせてる間に甕から溶け出して、中の泡盛をより熟成させるというわけです。

まさに、その土地の気候風土のマッチングによって造られているのです。

中身のお酒の原料とか造り方だけでなく、寝かせる甕の原料までが、
ひとつの古酒をつくる大事な要素になってるなんて、
こういう、その時そこにしかない出会いみたいなものに
何だか ときめきを覚えます。


私は基本的にビール、焼酎派です。
というのも、日本酒に弱すぎるのです(味はすきなのですが)。

ワインも味は大好きですが、日本酒の次に酔いやすいので、
飲みすぎないようにしなくちゃと、いつも思います。

日本酒かワインを調子にのって、ちょっとでも飲みすぎると、
次の日残って、半日はつぶしてしまいます。

ところが、ビールと焼酎なら、酔っ払うけど次の日残らないのです。
人それぞれ体質があるでしょうが、私の体質はそうですね。

私の地元の友達は、@飲むのが好きな子、A飲む雰囲気が好きな子、B飲める子 が多くて、
私は@Aには完全にあてはまります。
Bは残念ながら、その割には弱いので、大抵ほどよく(?)酔っ払っているので半ばというところ。

まあ九州なので、基本的に焼酎文化です。


しかし沖縄に来て、泡盛の酒造所の多さと銘柄の豊富さに驚いています。
県内に48酒造所、530銘柄あるそうです。

すげ〜!!

泡盛の名前の由来にはいろんな説がありますが、聞いたことをすこしまとめますと。。。

焼酎が15世紀初めにタイから琉球に伝わって、これを沖縄の気候風土にあう造り方に変えたのが15世紀中盤らしいです。
それから100年くらいかかって、奄美大島諸島を経て鹿児島に上陸し、更に50年程かかって熊本の球磨地方へと伝わって北上したそうです。

たしかに九州でも南九州が焼酎の製造も消費も多いですね。

泡盛はご存知の通り蒸留酒です。

蒸留酒とは、発酵によってつくった酒をさらに蒸留して、アルコール含有の割合を増した飲料。ウイスキー、ブランデー、焼酎など。

蒸留酒の歴史では、西洋より東洋の方が早かったようですね。
中国が最初で、タイにも14世紀には泡盛の原型 である蒸留酒があったらしいです。

一方西洋では、ウイスキーがアイルランドで15世紀末期に登場したそうです。
が、これは沖縄における泡盛の定着より約半世紀遅れているとのことです。
またブランデーもフランスに現れたのは17世紀に入ってからという記録があるらしいです。

となると、沖縄の泡盛は日本の焼酎の元祖で、世界でも有数の古い歴史をもつ蒸留酒というけっこうすごい事実が導き出されるわけです。

ワインがこんなに世界で飲まれてるなら、
泡盛だって世界に通用するんじゃ???って思えません?

私は期待しています。

実際、久米島の久米仙とか、大きな酒造所はヨーロッパに品評会にいったりして、
認められ始めているようです。

自立経済(ほんとの意味では自律経済だと思いますが・・・)を掲げる沖縄県としては、
基幹産業を育てることを重視しており、
そのなかで今後観光以外に期待できるのは、ずばり泡盛なのです。

ただ、大きな酒造所とご夫婦だけでやられているような小さな酒造所との力の差が出てきているのも事実で、小さな酒造所を応援していくことも必要ですね。

沖縄に来なかったら、こんなに泡盛にも興味を持たなかっただろうし、
得した気分です。

仁風飲んでみたい方は
http://search.auctions.yahoo.co.jp/jp/search/auc?p=%BF%CE%C9%F7&auccat=0&alocale=0jp&acc=jp

http://esearch.rakuten.co.jp/rms/sd/esearch/vc?sv=2&sitem=%BF%CE%C9%F7



posted by おさしみ奈美恵 at 01:59| 沖縄 ☁| Comment(34) | TrackBack(16) | お酒 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。