記事検索
 
新着記事
カテゴリ

g-haibi1.gif沖縄のことをもっと知りたい方はコチラg-haibi2.gif

2008年03月28日

3日間韓国モニター留学受講生募集!

この度、Hakata Cross Youでは、スポットで格安のモニター語学留学をつくりました手(チョキ)
モニターとして帰国後留学体験記をA4で1枚書いていただきます。
留学体験記はコチラ
http://www.kankokuryugaku.info/modules/tinyd0/index.php?id=35
モニター料金なので、かかる費用は格安ですexclamation×2

費用は、10時間の東洲大学韓国語グループレッスン授業料、留学手続き料、アカデミーハウス(学内ホテル)宿泊料、ビートル往復込みで日本円で約5万円です。通常は約8万円の内容です。
とは言っても、内容は普段の語学留学の質とまったく同じです。

各6名募集します。定員になり次第締め切ります。
この3日間で韓国語能力をぐっとアップさせてはいかがですか?
関心のある方はメッセージまたはお電話、メールをください。


日程@:
2008年4月21日(月)ビートル福岡発9:30〜釜山着12:15
             14:00頃〜3時間韓国語授業 
        
     4月22日(火)5時間韓国語授業
        
     4月23日(水)午前中2時間韓国語授業 出発までフリー
             ビートル釜山発15:45〜福岡着18:40
     
     
日程A:
2008年4月24日(木)ビートル福岡発8:30〜釜山着11:25
             13:30頃〜3時間韓国語授業 
        
     4月25日(金)5時間韓国語授業
        
     4月26日(土)午前中2時間韓国語授業 出発までフリー
             釜山15:45発〜福岡着18:40

_______________________________

東洲大学留学7つの特長

@日本語を話せる韓国人講師が韓国語を教える!

韓国の韓国語講師が日本語堪能者でない例は多く見られます。
東洲大学では、日本語でも文法の違いが説明できる日本語堪能な韓国人講師が教えるため、受講生の日本語話者だからもつ疑問に確実にお答えできるのです。
受講生が韓国語初級だから講師に質問できなかったというようなことは一切ありません。

A日本で唯一!最短1日から留学可能!

忙しい現代人。
でも韓国留学はやってみたい!
そんな方の要望をかなえる留学がここにあります。
最短1日から週末のみ、1週間、2週間、1ヶ月、半年、1年などなど、
あなたの要望に合わせて留学期間を年中自由に組むことができます。

Bマンツーマン、お友達レッスン、グループレッスンから好きなタイプを選べる!

1対1で韓国語漬けになりたい方は、マンツーマンで。
ちなみに、大学でマンツーマンレッスンを年中開講しているのは東洲大学だけです。
友達で、カップルで留学したい方は、お友達レッスンで。
語学教室の仲間で、韓国語サークルでなど、5名以上の仲間なら、格安のグループレッスンで。

C受講料は、日数ではなく時間で計算なのでムダがなく格安!

ある人は、週末しか時間が取れないから、1日9時間の授業を受けたい!
ある人は、2週間滞在して、午前中に3時間の授業を受け、午後は釜山観光を楽しみたい!
このように、人によって、滞在日数や過ごし方は様々です。
東洲大学の語学講座は、10時間以上で自由に授業時間を設定できるため、無駄のない留学ができるのです。

D学内のホテルに格安で宿泊できる!

東洲大学内に、2006年オープンしたアカデミーハウスがあります。
部屋や設備は、日本のビジネスホテルより上です。
学内にあるため授業に行くのも便利ですし、フロントには常に係がいるため安全上も安心です。
通常、一般宿泊料1泊7万ウォン〜10万ウォンが、
留学生特別料金1泊19,800ウォン(約2,250円)〜宿泊できます!

E学習パートナー:トウミと国際交流できる!

東洲大学・NPO法人トウミでは、学習パートナーとして、学生ボランティアのトウミ(助け人)を、希望者に無料でご紹介しています。このパートナーとの食事や飲み会などを通して、授業だけでなく、実践の生活の中から、生きた韓国語や韓国文化に触れていただけます。これにより、机上の学習だけでない留学の意味がさらに深まります。

F学内に日本人が少ない!韓国語漬けになれる環境が整っている!

東洲大学は韓国第2の都市釜山にありながら、韓国語の語学留学にはとてもよい環境です。
まず日本人がほとんどいません。韓国語漬けになりたくて留学したのに日本語ばかり話していたという例は、ソウルなどではよくあることです。
東洲大学では、できるだけ日本人留学生が同じ日程に重ならないように配慮してスケジュールを組んでいますので、短期間でも中味の濃い語学留学が出来るのです。
また、東洲大学のまわりは良いことに日本語が通じません。
食堂やスーパーで一生懸命韓国語で話そうとしてみる、授業が終わっても韓国語の世界に身をおく、それが大事です。帰国する頃には、すくなからず韓国語脳になっている自分に気づくことでしょう。

_______________________________
Hakata(博多)から、You(あなた)に、Cross(まじわり)たいとの思いを込めて、一番近い国・韓国ともっとお近づきに!を合言葉に・・・

東洲大学・NPO法人トウミ留学受付窓口
韓国留学企画・支援、韓国日本語教師育成・派遣
多世代多国籍語学交換「ランゲージエクスチェンジ福岡」事務局
日本コリア市民ネットワーク福岡会員

Hakata Cross You

TEL&FAX (092)661−7400 
http://www.kankokuryugaku.info/
info@kankokuryugaku.info
posted by おさしみ奈美恵 at 16:35| 沖縄 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月10日

沖縄でお土産買うなら

仲間民芸.JPG
おばちゃんはきれいだけど、私ダイビング帰りですっぴんなので隠させていただきます。

沖縄でお土産買うなら絶対ここ!

国際どおり松尾の仲間民芸。

もう8年くらい御用達。

沖縄のお菓子など食べ物系のお土産は充実していて、とにかく安い。

ちんすこうの縦型の箱で6、7袋は入ってるかな、それが130円からある。箱入りのお菓子でちゃんと包んであって130円って激安ですよ。130円には見えませんし、味もおいしい。

お客さんや知り合いに大量に買いたいときにはとても便利だし、喜ばれる。

私が沖縄に初上陸した1998年。
仲間民芸に行ったのは、たぶん通い始めた99年かな。

その頃から変わらない美人のおばちゃんが、こっちのちんすこうは味がたくさん入ってるとか、50円しか変わらないけどこちらのほうが人気だよとか、塩ちんすこうもこれは一番初めに出た宮古島の塩、これは粟国島の塩とか、ちゃんと必要な説明してくれるから迷わなくてすむ。

そして試食もできるし、必ず端数を負けてくれたり、お土産にすこしお菓子を分けてくれたり、いつも心をつかむサービスがある。

泡盛やお菓子以外、たとえばシーサーとか、雑貨類のお土産は少ないけど、私は必ずここでお土産を買うことにしている。

国際どおりにお土産やさんはたくさんあるけど、ここ仲間民芸は狭いスペースに充実の品揃え、価格、サービスともに満足できる。

おすすめです。
仲間民芸
TEL:098-863-9556 FAX:098-866-5680
沖縄県那覇市松尾2丁目1−10国際中央通り・ローソンとなり
posted by おさしみ奈美恵 at 00:04| 沖縄 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月02日

亀に願いを

DSCF0267.JPG

2本目はみな座間味でダイビングだったが、私たち3人はイントラとスノーケリングを楽しんだ。
DSCF0268.JPG

この日この船で3本のダイビングが予定されており、私たちは3本目のポイントが亀ポイントだと聞き、そちらを優先した。
DSCF0270.JPG

潜ったのは、儀志布島(ギシップジマ)タマナーファームというポイント。
14:30エントリー 15:12エキジット 潜水時間42分
水温28.4度 平均水深9.2m 最大水深16.2m

カクレクマノミの卵を発見。
もう目が見えていた。これが産まれてあのかわゆいニモになると思うと不思議だった。

そしてほどなく、ひっそりとサンゴの横で休んでいるアオウミガメに遭遇。大きくてやさしい顔をしていた。みんなが囲って凝視してもなかなか去らなかった。

そして水中を優雅に浮上していくタイマイという亀にも遭遇。
合計3匹の亀に遭遇した優雅なダイビングだった。

キャベツのような形のリュウキュウキッカサンゴをばりばりと食べていた海がめに、私はひそかに願った。
何を?それは亀のみぞ知る。
posted by おさしみ奈美恵 at 23:37| 沖縄 ☁| Comment(5) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

慶良間はやはり極上

9月1日は、ダイビングショップブルーフィールドで、慶良間でボートダイビング。

今回は123本目のダイビング。
ダイビングが趣味のはずが、なんと2年ぶり・・・
ブランクがあくと、1本目は身体が水に慣れるのかと、しょせん肺呼吸生物の自分は思うところがあり、のんびりダイビングでお願いしますとイントラにリクエスト。

DSCF0264.JPG

夏の土曜日ということで、30名のりのボートに30名乗船。
1本目は、慶良間諸島、黒島北ツインロックというポイントで潜る。

10:31エントリー11:18エキジット潜水時間47分
気温32度 水温28.5度 透明度40m

ベストコンディションだ。

今回久しぶりのダイビングだったせいか、重器材をレンタルにした分慣れなかったのか、左耳の耳抜きがなかなかできなかった。
普段耳抜きができないことはなかったので、耳抜きできないと痛いんだ〜と海の中で初めて思った。

キンギョハナダイの群れが色鮮やかにゆらゆらと泳ぎ、
キビナゴの群れが方向転換するたびにきらきらと光りながら泳いでいる光景には見とれた。

カエルウオなんかもいた。

そして、この時期はいないだろうと思っていたらウミウシに遭遇。
しかもサビウライロウミウシという観たことのない種のウミウシだった。

サビウライロウミウシ
photo_3e79259615ca5.jpg
今本 淳さんのHPより

ボートから覗き込んだ水面はこんな感じ。
DSCF0265.JPG
心まで透き通るブルー。
DSCF0266.JPG
posted by おさしみ奈美恵 at 22:47| 沖縄 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

メッシュバッグで時を知る

この週末1年半ぶりに沖縄に行った。

2006年1月に沖縄を離れてから、もう1年半以上経ったのだ。

ずっと沖縄にはまだ行ってはいけないような気がしていた。

なぜかはわからないけど。

次は自分の中で何か区切りがついてひとつの意味を込めていくのだろうとなんとなく思っていたのだ。

沖縄がたぶん自分にとって特別な場所だからだろう。

今回ダイバー仲間のNさんがバーゲン運賃の航空券を手早く2ヶ月前に取ってくれたおかげで、後押しされる形で沖縄に行くことができた。

出発前日、1年半封印していたダイビング器材をひもとくと、
海の塩気でメッシュバッグのファスナーが開かなくなっていた・・・

沖縄から持ち帰った大事な器材に風を通さなかった自分のものぐささにすこしあきれ、好きなダイビングと沖縄を封印していたこの1年半をふと実感した。

メッシュバッグとしばし格闘した私は、しょうがなくメッシュバッグにはさみを入れて中のダイビング器材を取り出し、別の袋に入れなおした。

その日家に帰ってきたのは23時だったし、翌日飛行機が午後発だったことと、出発前に返さなくてはならないDVD2本をまだ観ていなかったので、パッキングよりDVDを優先した。
posted by おさしみ奈美恵 at 22:39| 沖縄 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月29日

もっとお近づきに

博多から手軽に楽しめる異国情緒。

博多港国際ターミナル1Fのビートルカウンターでチケットを買い、新韓銀行で日本円を韓国ウォンに替え、2Fの出発ゲートでターミナル使用料500円のチケットを渡し、中へ。
新韓銀行.jpg


出国手続きでパスポートをみせ、出発ロビーで出発までの時間待ち。ここで福岡から出国する場合、普通なら、空港なので「福岡」の出国スタンプが押されるが、ここは「博多」の出国スタンプ。

船なので、けっこうギリギリでも大丈夫。
免税店もあります。
博多港国際ターミナル出発ゲート.JPG

続きを読む
posted by おさしみ奈美恵 at 16:29| 沖縄 ☁| Comment(5) | TrackBack(3) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月19日

釜山の市場に沖縄

ビートルカウンター.jpg

ビートルは平日なら、片道1万円で釜山へ行ける。
福岡(博多)〜韓国(釜山)2時間55分だ。
平日も混み合っていて、私が乗った9時半以降の便は満席だった。

釜山のチャガルチ市場で、沖縄を発見。

DSCF0188.JPG

沖縄の公設市場によくある風景・・・
そう豚さん。

ここにつれてきてくれた韓国の方に、これ沖縄にもあるよ〜、沖縄では泣き声以外は全部食べるし、耳はミミガーっていうお酒のおつまみになっているよ〜みたいなことを私が言うと、韓国も豚の顔食べると言っていました。どうやって食べるんだろう???

それに、お店がオープンしたら豚の顔を店頭に飾るのだとか・・・
商売繁盛を願って、豚はちゃんとたれ目にして笑い顔で飾るらしい。
たしかに、この豚さん笑ってる。
チャガルチ市場の豚くん.JPG

そして口にお金をはさむらしい。

おもしろいねえ。
国と国、地域と地域はつながっていることを実感するねえ。
posted by おさしみ奈美恵 at 23:35| 沖縄 ☔| Comment(8) | TrackBack(1) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月16日

ラス・モハメッドに行きたい

はっきり言って私は海が好きです。
やりたいことはた〜くさんありますが、
最終的には、目覚めたら海が見え海の声が聞こえる家で暮らし、ささやかでも世界平和に役立つことをして、環境に配慮しながら、心身ともに安心して暮らすことを目指しています。

私はこれを心のず〜っと奥のほう♪(情熱の薔薇?)で思っています。
思っているという言葉もすこしちがうかもしれません。
思っているというより、将来の自分がはやくおいでと言っている感じといった方がしっくりくるかもしれません。

だから今目の前でできることをがんばる、以上です。
続きを読む
タグ:ダイビング
posted by おさしみ奈美恵 at 14:53| 沖縄 ☁| Comment(3) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月13日

今年の元旦の行き先は

我が家は1年に一度元旦に温泉に泊まることになっている。
行き先はみなあまりわからないので、母がテレビの温泉特集とかで見て良さそうといったところを参考にしつつ、手配も運転手も私なので大抵私が決める。

とはいっても、お正月は普段の値段の1.5〜2倍になるのでけっこう吟味する必要がある。
頭にある良い評判の泊まってみたい宿はたくさんあるけれど、そんなところはお正月ばか高いし、まず取れない。

お正月の宿の手配は、宿によるが早いところで前年の2月頃から、あとは8月〜10月頃から手配しないとまあまあのところも取れない。

でも、せっかく1年に一度お正月に家族が満足できないのも困る。
なので探すのだが、私は人生の選択肢には迷うけど、食事のメニューとか行き先とか目前の対象はあまり迷わないタイプなので、直感で割とすぐ決める。

そして今回は、
続きを読む
posted by おさしみ奈美恵 at 02:14| 沖縄 ☔| Comment(4) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月08日

あなたはかけ流し派?

六峰館正面.JPG

先日、原鶴(はらづる)温泉に行ってきました。

原鶴温泉は福岡県朝倉郡杷木町原鶴にあり、
九州自動車道で福岡ICからのり大分自動車道杷木(はき)ICでおりてすぐ1時間ほどで着きます。

博多から近く歴史ある温泉地で私も何度か訪れています。

原鶴温泉で好きな旅館といえば「六峰館(ろっぽうかん)」。
大型旅館ですが、泉質も料理もいいです。
今回は立ち寄り湯で訪れましたが、建物がリニューアルされててさらによくなっていました。

さて、みなさんは温泉といえば、かけ流しにこだわりますか?

続きを読む
posted by おさしみ奈美恵 at 14:27| 沖縄 ☁| Comment(4) | TrackBack(2) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月20日

UNI LOVERSのぶらり壱岐

ここ最近会いたかったもの。

それは 生海栗(うに)ぶっかけ丼。

会いたくて仕方なかったのでフェリーに乗り会いにいきました。

行き先は壱岐。


壱岐ってどこかご存知ですか?

島根県の隠岐(おき)ではありません。

長崎県の壱岐(いき)です。

フェリーつしま.JPG




ハワイと沖縄が好きですか?
続きを読む
posted by おさしみ奈美恵 at 13:05| 沖縄 ☔| Comment(14) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月05日

鹿児島・指宿の旅

池田湖.JPG

九州最大の湖、池田湖です。

そんなにでっかくは感じなかったけど。
琵琶湖見たことあるからかな。。。


2006年1月1日〜2日にかけて鹿児島・指宿温泉に行ってきました。

私と妹は車で、他の家族メンバーは九州新幹線で、それぞれ福岡から出発し、

新幹線が12:03に鹿児島中央駅到着だったので、そこで集合することにしていました。

私と妹は7:20頃に家をでて、福岡ICから九州自動車道にのり、

11:30には鹿児島中央駅に到着しました。

九州自動車道はよく利用していましたが、鹿児島方面に行くのは初めてで、

鹿児島に入って桜島サービスエリアで休憩したとき、

暖かいし、フェニックスの木が林立していてやけにトロピカルな雰囲気があり、

なんだか楽しい気分にさせられました。

そして福岡に比べて断然暖かい!

桜島IC.JPG

続きを読む
posted by おさしみ奈美恵 at 11:21| 沖縄 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月08日

旅の思い出2〜沖縄本島中北部、名護、金武町、コザ、北谷〜

翌日のお昼は、名護にある朝日レストランへ。
12時開店なのですが、12時すこし前に到着しました。
準備中でしたが、店内で待つことに。

中に入ると、芸能人のサイン色紙がたくさん張られていて、
さすが有名店という感じです。
名護にあるので、気合の入った観光客しか来ないかもしれませんが、根強い人気のあるステーキ店です。

朝日レストラン.JPG

私たちは、テンダーロインステーキ150gのセット小、1995円と牛刺しを注文。

朝日レストランメニュー.JPG
朝日レストラン牛刺し.JPG

牛さし・・・・・目つぶった・・・・
無言で味わってしまうやわらかさ。

朝日レストラン肉.JPG朝日レストラン肉2.JPG

ステーキは目の前の鉄板でお店の方が焼いてくれるのですが、
たれにニンニク、肉にニンニクとニンニクづくしで、
おまけに私たちはガーリックトーストをあてに選んだので、ニンニク満載!

もうね、このお肉す〜んごいわやわらかい。
もうね、かなりデリシャスexclamation×2
幸せすぎてどうしようふらふらという味。
肉って素敵って感じです。

前はUSビーフを使っていたらしいのですが、
今は輸入禁止なので、オージービーフ。
でもすんごくやわらかくておいしいグッド(上向き矢印)

ポイントは、肉の筋を一本一本抜いてあるということです。

なるほどひらめきだからこんなにやわらかいのか・・・

はっきり言って、お勧めぴかぴか(新しい)
那覇でサムズとか、ジャッキーとか、88とかでも個々に個性的でおいしいのですが、
朝日レストランの方が感動があります。
値段もすこし高いですが、一緒についてくる野菜なんかもボリュームがあります。

【朝日レストラン】
名護市字為又1219−215
Tel:0980-52-4251
12:00〜21:00ラストオーダーは21時。
定休日 毎週木曜日
名護バイパスを為又方向へ進み、白銀橋交差点を左折、2つ目の信号(ローソン)を右折するとピンクの建物がポツンとあります。


お肉でお腹だけでなく、胸までいっぱいになった私たちは、
金武町(きんちょう)のキングタコスを多分食べれないけど、寄ってみるだけよってみようということで、
金武町へ。

パーラー千里.JPG

写真はパーラー千里。タコライス発祥の地。
キングタコスというチェーン店が同系列らしくそれは他でもあります。
金武町まで行かなくてタコライスは食べられるし、那覇のでもけっこうおいしいのでいいとは思うのですが、金武町のタコライスのボリュームとおいしさはけっこう忘れられないです。

パーラー千里のお向かいは、米軍基地キャンプ・ハンセンのゲートです。

キャンプ・ハンセンゲート前.JPG

私はタコライスが大好きです。
よくぞメキシコ料理のタコスの具を、ごはんにのせようとひらめいてくれたものだと思います。
えらい!
だってめちゃくちゃ合いますし、タコスとは違ったおいしさですから。

その後は沖縄市(コザ)のパークアベニューへ。
那覇に次ぐ第二の都市ではありますが、人通りはかなり少ないです。
ここでパークアベニューの説明を少々。

「中央パークアベニュー」はその昔「B.C.Street」「センター通り」とも呼ばれた米兵相手の歓楽街であった。1982年に県民、観光客を対象とする商店街としてリフレッシュされ、「中央パークアベニュー」に生まれ変わった。オープンなスタイルの白いアーケドは500mほど続き、通りにはインド製品、生活雑貨、刺繍屋、ギャラリー、ジュエリーなど個性的な店が並ぶ。開放的で植栽の行き届いた通りをブラブラとウインドウショッピングするのもよいだろう。
(http://www.koza.ne.jp/shop/shopingmall/
parkavenue/parkavenue.htmlより抜粋)

ここは町おこしの事例として私も興味がありつつまったく調べていないところなのですが、
沖縄市のタウンマネジメント協議会が、ドリームショップという事業をやっています。

内容は、夢のあるユニークな商売の企画構想を県内のみならず、全国から公募し、入選した企画を奨励し、街の店舗に展開させる事業です。
グランプリには50万円と、店舗家賃1年分、住居家賃1年分の補助が与えられます。
準グランプリも、店舗家賃半年の半額補助があります。

これを利用して内地から移住し店を出している人もいるようです。
人の少なさと話題性の乏しさをみると、まだまだのような気がしますが、
内発的町おこしのきっかけになるのではないかと思います。

ここのBAMBOO CAFEで休憩。マンゴーケーキのセットを頂きました。
アジアンテイストのカフェで、すいていて、ゆっくりできました。

パークアベニューのバンブーカフェのケーキセット.JPG

甘いものは別ばらです。

その後は北谷へより、那覇へ戻りました。
せまい沖縄ですが、海だけでなく見るところはたくさんあります。


ネットリサーチの「Q?VOICE」新規アンケート会員募集中!!貯めたポイントは各種商品と交換!

体験談に体験川柳! 体験談ぷらざが近日オープン!
只今原稿募集中。QUOカード1,000円分をプレゼント!


セサミストリートの仲間がかわいいカードに![NICOS]


posted by おさしみ奈美恵 at 14:48| 沖縄 ☁| Comment(2) | TrackBack(1) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

旅の思い出1〜沖縄本島北部、本部、今帰仁、名護〜

さて、5日間の旅が終わりました。
幸せすぎる!とちょっと不安になるくらい、たっぷり楽しみました。

きのう家に帰ると気が抜けたのか、のどがいたくて、ん?ほっとくと風邪になりそうと思って、きのうは長袖を着て、報道ステーションを見ながら寝ました。

沖縄にきて風邪をひいたことはありません。
一人暮らしで風邪をひくとめんどくさいので、気をつけてはいます。
基本的に風邪をひきやすい方ではないですが、風邪をひく場合、必ず1に咳、2に鼻です。
熱はほとんどでません。動けるので、ほっとくとうっかりひどくなります。
やばい、やばい。。。

さて、北部の旅は、羽地内海 (はねじないかい)から。

嵐山展望台.JPG

本部(もとぶ)半島の東側にある屋我地島(やがじじま)と奥武島(おうじま)に囲まれた内海。
べたーっとした静かな内海で、点々と浮かぶ小島が、なんだかかわいいのです。

写真は嵐山展望台からの風景ですが、この嵐山展望台、はっきりいって分かりにくいです。
とうのも、名前の割りにかなり簡易的な展望台で、一度通り過ぎ、え?これ?って感じでたどり着きました。たいして手入れもされていない感じでありのままです。

嵐山展望所.JPG

さて、お昼は本部の山原そばへ。
12時頃ついたら並んでました。

やんばるそば.JPG

私たちの前に並んでたご夫婦と相席で楽しい会話をしながらソーキそば小をいただきました。

やんばるそば店内2.JPGやんばるそば店内.JPG

ここ、おいしい!
いままでの沖縄そばの概念を打ち破る味です。
ずばり濃いのです。

ーキそば小.JPGーキそば2.JPG

内地から来た方は特に沖縄そばって薄味だと思っている方多くないでしょうか。
沖縄そばもいろん〜な味があることを最近わかってきましたが、
ここは濃い目の味。
というのも、上にのってるソーキがすごく味がしみこんでいておいしい。
ソーキはためらわず手で食べます。
そして、汁がおいしい。
だしにかつおが入っているのか、とても香りと後味が良いのです。
ソーキそば小550円でかなりてんこもりです。
おいしかった〜exclamation×2
もういっかい食べたいです。

【山原そば】本部町伊豆味70−1 Tel:0980-47-4552
11〜18時、土曜休み。交差点の角にあります。
      みかんやまの見える喉かなところです。

相席だったご夫婦に古宇利島(こうりじま)きれいだよ〜といわれ、早速行ってみました。

本島北部今帰仁村に属する古宇利島へは、運天港(今帰仁村)からフェリーで約10分で行くことができます。
平成16年に完成した古宇利大橋のおかげで車でもいけます。
私たちは陸ルートで、奥武島(おうじま)、屋我地島(やがじじま)、古宇利島と海中道路を渡っていきました。

古宇利島は隆起サンゴ礁でできたまあるい島です。
半農半漁の島で、農業はサトウキビ・紅いもを中心に、最近ではアロエベラの栽培に力を入れており、漁業ではウニやもずくの生産が盛んです。

海はそれはそれは素晴らしく美しかったです。

古宇利大橋.JPG古宇利大橋下.JPG古宇利さとうきび畑.JPG

その後は、やんばる出身の人に聞いて、
おいしいといわれる名護の許田(きょだ)道の駅のぜんざいを食べに行きました。

沖縄自動車道許田インターを降りてすぐ、58号線沿いにあります。
沖縄のぜんざいは暖かいのではなくカキ氷なのですが、
ここは黒糖ぜんざいというのが有名です。

道の駅許田のぜんざい.JPG黒糖ぜんざい.JPG

これもおいしかったな〜250円だったかな。
かなりてんこもりです。
でっかい小豆と白玉の上に氷がのってて黒糖で味付けしてあります。

この道の駅、沖縄北部の特産品がたくさん売っていて、北部オリジナルのものを買いたかったら絶対お勧めです。

パイン入りメロンパン.JPGパッションフルーツ.JPG

宿泊は今帰仁(なきじん)のファームハウス。
前回の記事でも紹介しましたが、ここは海の沖縄ではなく、山の沖縄を体感できます。
とってもくつろげる良いところでした。

ファームハウス入り口.JPGファームハウス玄関.JPGファームハウスロビー.JPGファームハウス2階.JPGファームハウス散歩道.JPG

何よりも、食事がかなりおいしいです。
どれも宿のご夫婦が作った野菜を使ってあり、まさにスローフード。
宿泊客は私たちのみで貸切状態でした。

ファームハウス夕食.JPGファームハウス朝食.JPG

ここのだんな様が育てつくった果実酒を2杯頂きました。
びわ酒とアセロラ酒。(ご自身で育てた植物の実を漬け込み、泡盛で割ったお酒)
香りも味も自然がいっぱいでした。

ファームハウスの手作り果タ酒薬膳酒.JPG
びわ酒.JPG

【ファームハウス】
国頭郡今帰仁村字諸志1993 Tel:0980-56-2148
1泊2食4,800円

奥様がだんなさまのことを、主人とかではなく、つれあいと呼んでいたのが、
なんだかいいなあと思いました。


ネット広告なら成果報酬のアクセストレードがおすすめ

◆AccessTrade◆¥1000からのお支払い&銀行振り込み手数料引下げ開始!

セサミストリートの仲間がかわいいカードに![NICOS]


posted by おさしみ奈美恵 at 09:58| 沖縄 ☁| Comment(2) | TrackBack(1) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月04日

30歳・・・in HOKUBU

30歳になりました、ちゃはわーい(嬉しい顔)

今年の誕生日は、沖縄県北部今帰仁で迎えました。
せみ、鳥、ヤモリ、風、緑の音のする素敵なペンションで迎えました。

ご主人が育てた野菜を使ったお料理が、おいしくてたまらんかったぴかぴか(新しい)

そのペンションとは、今帰仁にあるファームハウス。

やんばるの山の中にあるとってもかわいいペンション。
海のイメージの強い沖縄ですが、やんばるのこんもりとした暖かい緑も素敵です。

人間、自然から生まれ、自然から生まれたものを食べ、自然に還っていくのが、
本来の姿なんだろうなと、あたまのどこかではわかってはいるけど、
日ごろ実感できないことを、すんなり気づかせてくれる場所です。

うん、まさに心の浄化だな。

きのうは、ひさしぶりに北部(本部、今帰仁、名護)をまわり、今日は北部から中部(名護、金武町、沖縄市、北谷)へいって那覇へ戻りました。

かなり濃くて、1泊2日とは思えないほどです。

写真をけこうとったので少しずつご紹介しますね。

嵐山展望台.JPG



posted by おさしみ奈美恵 at 23:49| 沖縄 ☁| Comment(6) | TrackBack(1) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。