記事検索
 
新着記事
カテゴリ

g-haibi1.gif沖縄のことをもっと知りたい方はコチラg-haibi2.gif

2008年03月13日

カラオケで沖縄

今、私は『癒しの島、沖縄の真実』という新書を読んでいる。

一度沖縄に住むと、沖縄の輝かしい面を書いた本にはさほど興味が湧かなくなる。

沖縄のよいところ、わるいところ、どこにでも誰にでもある当たり前の話だが、沖縄にもその両面があることが少なからずわかるからだ。
でも私は長く住んだわけではないので、知らないことがほとんどだ。
沖縄は小さな島だが、中に含む個性は計り知れないものがあると思う。だから、明るさと暗さの両面を見たいのだ。

先日、カラオケにいったとき、安室奈美恵、MISIA、ドリカム、マッキー、スガシカオ、マドンナ、マイケルジャクソンなどいろんな歌を歌いつつ、お決まりの沖縄民謡の『十九の春』を歌った。
私、なんかこれメロディといい歌詞といい切なくて好き。

自分の中ではお決まりだが、よく考えたら民謡を歌うって内地のカラオケじゃ普通ないよね。
カラオケの歌本を見ると、沖縄民謡はちゃ〜んと別ページにまとめられている一大ジャンルなのだ。
民謡って昔の歌って感じだけど、沖縄民謡は毎年数十曲作られているというからすごい。

暖かくなってきて沖縄の空を思い出すことがしばしば。
沖縄民謡と泡盛を味わいに沖縄料理やさんに行こうかな。
posted by おさしみ奈美恵 at 16:26| 沖縄 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 福岡での日常(沖縄を想いながら) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/89440500

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。