記事検索
 
新着記事
カテゴリ

g-haibi1.gif沖縄のことをもっと知りたい方はコチラg-haibi2.gif

2007年09月16日

森の中の結婚式

DSCF0305.JPG

きのうは妹の結婚式でした。

天気予報は曇りのち雨でしたが、挙式が終わるまで降ることはなく、快晴の中で素敵な挙式でした。

会場は福岡空港近くの博多の森。

まさに森の中でチャペルは陽光降り注ぐ気持ちのよい空間でした。

披露宴は、二人とも東京にいるのによく打ち合わせできたなあと思うほどとても趣向がこらしてありました。

これまでの生い立ちからのヒストリースライドや、友達との思い出スライドがあり、親族や仲間にもぐっとくる演出でした。

披露宴は正味3時間あったと思うのですが、食事や歓談の時間が割りとゆっくり設けられており、くつろげる感じでした。

130名ほどの参列者がいましたが、私も何もできない姉ですが、一応妹の友達たちにお酒を注ぎに行ったりし、行く度に、妹と見てくれもしゃべり方もそっくりだと言われ、しれ〜っと入れかわっとうかもしれんけんとか言いながら私も飲みました。

途中知らされていなかったのですが、妹がドレス変えに退出する際、いきなり司会者に兄と私が呼ばれ、妹をエスコートして退出するシーンで兄弟が紹介されました。

いきなりお兄さん、お姉さん前へ!といわれたときは、一芸でもさせられるのかと思いましたが、ほっとしました。

最後のデザートだけデザートビュッフェになっていて、突然となりの部屋の扉が開き、各自好きなデザートを取りに行くという参列者が動くスタイルだったので、それもなかなかおもしろいなと思いました。

両親への手紙と花束贈呈は、私ももらいなき。

最後二人が退出してからも正面のプロジェクターに参列者一人ひとりの名前が映し出されるなど、余韻もありいい結婚式だったなと思います。

博多の森は初めてでしたがいいなと思ったのは、披露宴会場にも陽光が降り注いでいること。

披露宴会場ってどちらかというと窓がないイメージですが、
森の中のコンセプトだからか、会場は天井が高く吹き抜けになっていて、二人が座る高砂の後ろは天井から床まで全部窓でその向こうは緑が見え、とても明るいイメージでした。

今回妹の希望で、うちの愛犬ダックスのキララも正装に見を包み披露宴以外は参列しました。
私はチャペルでキララを抱いて賛美歌を歌い、キララを抱いてフラワーシャワーを送り、キララを抱いて集合写真をとり、子守役をしたおかげで網タイツが伝線しましたが、それでも犬も連れてきてよかったと思います。

良い結婚式だったので両親も満足していると思います。
親孝行な妹だ・・・
posted by おさしみ奈美恵 at 07:50| 沖縄 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | 福岡での日常(沖縄を想いながら) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
よかったですね。

お幸せに。

(♪Can you celebrate〜は、歌ったんですか?)
Posted by leaves at 2007年09月16日 12:56
記事を読んでわたしも思わずもらい泣き...。どんだけ涙腺ゆるいんやろ...。

そっか、わたしのとこも妹が先に嫁に行く可能性大やから、peaceplusoceanさんみたいな気持ちになるんやろ〜な〜、って。にわか妄想入ってしまった...。

博多の森の近くって言うと、ばりチャリ距離のとこのあそこよね。わたしはまだあそこの結婚式行ったことないけど、結構いいらしいと聞いてます。

結婚式場な〜。わたしは神社でして、地味にレストラン貸し切るとかがいいな〜。披露宴って言ってもね〜。ホテルは高いから。
Posted by junko at 2007年09月16日 22:56
leavesさん、ありがとうございます。Can't You~は好きですけど、私はあくまで親族側なので余興はお友達たちがやってくれました。PUFFYとか歌ってくれていましたよ。

junkoさん、博多の森はハウスウェディングといって、ホテルとは感触が全然違うものだったよ。待合室とかも森の中の書庫のようだったし。今まで式より旅行のほうにお金をかけるほうが断然いい!と思っていたけど、自分たちや参列者の心に残る式というのはいいものだなと思ったよ。
Posted by peaceplusocean at 2007年09月17日 00:33
妹さんのご結婚おめでとうございます。
森の中のチャペルでの挙式とは、さぞご本人も良い思い出になったことでしょうね。
お幸せをお祈りしております。

Posted by 北の旅人 at 2007年09月17日 21:50
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。